本文へスキップ

社交不安障害専門 相談屋ジャッジ

お問い合わせは soudanjudge@cs.chu.jp


〒260-0044 千葉市中央区

不安を軽減するためのサポート real estate


相談屋ジャッジでは社交不安障害で悩んでいる方の不安を軽減す
るサポートをしています。サポート方法は対面相談メール相
の2通りになります。

対面相談に来られるときは、1人はもちろんのこと友人・親族・
婚約者同伴でも構いません。同伴を希望する方は前もってご連絡
ください。


  


①相談所での対面相談

2017年10月の営業スケジュール

  1×
2× 3× 4× 5× 6× 7× 8×
9× 10× 11× 12× 13× 14× 15×
16× 17× 18× 19× 20× 21× 22×
23× 24× 25× 26× 27× 28× 29×
30× 31×

表示の見方
  ○…空きがあり、相談の予約が可能です。
  ×…予約終了、または休業日(orメール相談に専念するため対面相談を行わない日)。



■対面相談の詳細

相談料金…3000円 (60分間)
  
相談時間…11:00~17:00
       (上記の時間内で60分間の相談になります)

相談時の詳細
ソファーに座っていただいてから開始5分は雑談と料金の説明をさ
せていただきます。その後は決まったルールはなく、お互いが自由
に発言していきましょう。

話の流れはこちらで進めさせていただきますのでお任せ下さい。

もし、相談中に気持ちが不安になった場合は、一旦、外に出ても構
いません。外に出て気持ちが落ち着き、相談所に戻ってきていただ
ければ、何度、出ても構いません。

対面相談の意義は、相談をするということはもちろんのこと、予約
をして相談の場に足を運ぶ
ということです。

そんな勇気を私は無駄にしないよう、みなさんの新しい生き方の第
一歩のお手伝いをさせていただきます。


  「ご相談、お待ちしています」 

  
      





②メール相談      


 ■メール相談料金 
   初回の一往復…2000円
   2往復目以降…1000円
  






※対面相談を受けたことがある方は、初回も1往復1000円とさせていただきます。



こんな方はメール相談が向いています!
               
●「相談所まで遠くて行くことができない」
●「まずはメール相談から受けてみたい」
●「メールを保存して後から何度も読み返せるようにしたい」

迷っている時間より、まずはメール相談から始めてみましょう!


相談内容に対するこちらからのメール1往復目の文章量は、
画像のようなA4サイズ(210×297)の用紙3~4枚分となります。




(質問)
初回の1往復と2往復目以降の料金が違うのはなぜ?

(答え)
初回1往復目と2往復目の料金が違う理由は、こちらからの返信メール
の内容に違いがあるからです。

初回の1往復目は
社交不安障害の全ての人にお伝えしたいこと個々の
悩みに対するアドバイス
2点を書かせていただきます。

2往復目以降は個々の悩みに対するアドバイス1点が中心になります。

そのために料金に違いが出ますので、ご理解ください。 
  
     


 メール相談の流れ


1)お問い合わせ
 下記の『お問い合わせ』より必要事項を記入したメールを送信してください。

2)案内メールを受け取ります
  相談屋ジャッジより、メール相談の詳細を書いたメールを送らせていただきます。

3)相談料金の振り込み
  希望する往復分の料金を銀行振り込みでお願いします。
 ※メールに記入された氏名と口座名義は一致させてください。

4)振込みの確認
  相談屋ジャッジで振込みの確認をさせていただきます。
 ※土・日曜日・祝日をはさんだ場合は入金の確認が遅れる時があります。

5)アドバイスのメールを受け取ります
  相談屋ジャッジからアドバイスのメールが届きます。


                                



実際に相談を受けた方々の声

私の相談を受けたことのある方々からのメッセージの一部をご
紹介します。ご本人様だとは絶対にわからないようにプライバ
シーには充分気を付けていますが、要請や削除依頼などがあり
ましたらお手数ですがこちらからご連絡ください。
宜しくお願いいたします。



Tさん(●●代/女性)
娘の気持ちに変化が起きたようで、学校に行く気持ちになって
きたように思います。今までのこともありますので、ながい目
で娘と向き合っていこうと思っています。ありがとうございま
した。


Mさん(30代/女性)
先日はありがとうございました。
鈴木さんのお話を聞いてたくさん努力されて来たんだなとお家
に帰っても思い出して何だかとっても勇気づけられました。
またお伺い出来たらいいなと思っています。その際は宜しくお
願いします。


Mさん(●●代/女性)
先日、茨城よりお伺いしましたMと申します。
今までは医者に通い薬を飲むだけの生活でしたが、鈴木さんの
ホームページを読んで、そんな毎日に疑問をもち始めました。
実際に鈴木さんとお話しして、薬にばかり頼るのはよそうと思
い始めました。少しずつですが薬を減らしていく方向で考えて
みようと思います。ありがとうございました。


Yさん(30代/女性) 
これでもいいのかな?っていつも思っていました。でも、何度
も相談を受けていたらこれで生きていくしかないんだなと思え
てきました。


Nさん(30代/女性)
鈴木さんに返していただくメールの返信やアドバイスは淡々と
していて何だか落ち着きます。


Sさん(20代/女性)
なかなかとんとん拍子にはいかないと思いますが、少しずつ失
敗しながらも気にせず逃げずに人前で話すことに努力していけ
たらと思っています。鈴木さんに出会えてよかったです。無理
なく少しずつやっていきます。


Sさん(20代/男性)
昨日の対面相談は僕にとってはとても楽しいひと時でした。気
持ちを分かってもらえるというのはとても幸せな事ですね。
またお会いしたいです。


Oさん(30代/男性)
最近もごまかしながら何とか生きています。完璧な完治をもと
めず、自分のやれる範囲で仕事もしています。また、訪ねるこ
とがあると思うのでよろしくお願いします


Kさん(20代/女性)
鈴木さんのメールを読み、加藤諦三さんの本を借りてきて読み
ました。鋭く指摘されているような感覚になり、ずしんとくる
ものがありました。

理解したこともあれば、新しく出てきた課題のようなものもあ
りますが、前回の鈴木さんの言葉が、自分を見直すきっかけに
なりました。ありがとうございました。


Hさん(40代/男性)
お返事を有難うございました。色々と考えさせられました。
完ぺき主義ではないつもりですが、これまでに数多く笑われた
りしてきたため「もう笑われたり、異端視されるのはご免だ‥」
という防衛的思考が強くなり過ぎたかもしれません。少しづつ
の歩みを進めて行ければ、と今は考えています。


Oさん(20代/男性)
以前のメールで「治ったら行動するという考えでは、一生、行
動できなくなる。」とおっしゃっていた事、そしてこの文章に
とても納得したことを思い出しました。今、就職に向けて、作
業所という所に通っているのですが、まずはそこでの人との関
わりから慣れていき、かつ就職活動もしていきたいと思います。


Hさん(●●代/男性)
鈴木さんの話の中にこの病気は『病気ではなく障害』なんだ。
目が悪い人はメガネをかける、足の悪い人は車椅子を使うその
ように言われていたことに対して私自身も目から鱗が落ちたよ
うに感じていました。親としては当然もしこの病気が治るので
あれば治してあげたいただ鈴木さんが言われるように障害と捉
えることで私自身も何か今までと違う対応ができるような気持
ちになってきていました。


Tさん(●●代/女性)
こんばんは、お忙しい中いつも丁寧なアドバイスに感謝いたし
ます。娘と同じ高校生の方のお話、私もなんだか救われたよう
な嬉しい気持ちになったのと同時に娘にも立ち直る機会がある
という希望が持てたような気がします。娘に鈴木さんにメール
相談する事を勧めたいと思います。今後もよろしくお願いいた
します。


Tさん(40代/女性)
日によって気分も違うし、ご相談できた事で少し自分の気持ち
が軽くなったのか、マイペースで仕事に臨めた気がします。


Nさん(40代/女性)
先日はお世話になり ありがとうございました。
鈴木さんがとても話しやすい方なので 大変有り難かったです。
思いきって訪ねてみて良かったと思いました。また いつか 予
約しても宜しいでしょうか。


Sさん(20代/女性)
自分の存在に疑問を感じ検索したところ、こちらのサイトに行
き着き、内容にほっとしました。逆に治らないということに、
ほっとしました。障害なのだから、無理して私は普通ですって
振舞わなくていいのかなって思いました。初めてフに落ちまし
た。心より御礼申し上げたく思っています。

ナビゲーション



ぺージの先頭へ戻る
トップページ 社交不安障害とは あなたは社交不安障害? 私の経験談 相談所の紹介 お問い合わせ アクセス